パチンコへ行っている間は無心になれると感じる

カウンセリングオフィスAXIAの蔵野です。

パチンコ依存でご相談に来られる方は、多くいらっしゃいます。

依存に至った背景はみなさんそれぞれに違います。

やめた方がいいと頭では分かっていても、

・気が付いたらまたパチンコへ足が向いてしまっている
・お財布の中を使いきってしまっている

…等の行動に「これはやっぱり普通じゃないのかもしれない」
と自分に違和感を感じ始めるようです。

この記事を読んで、「パチンコへ行くと無心になれるんです。」という言葉に
共感を覚える方がいらっしゃるのではないでしょうか?

これは、簡潔に分かりやすく説明すると、パチンコをしている時だけは
日頃抱えているストレス等から解放されるような感覚を味わってしまい、
無意識のうちにしんどい事柄からの逃げ場としてしまっているのです。

その事に気付くには自分でひとりでは難しく、人の心は弱いために
パチンコへ行ってしまう事に何かしらの理由を見付けて正当化しようとします。

行くのをやめようと決意しても、
「ちょっと前を通ったから、顔馴染みの店員さんは今日出勤してるかなぁ?と思って入った。」等。
一見それらしく聞こえる理由を見付けてきます。

これではいつまで経ってもパチンコ依存は改善しません。

本人の決意や努力は必要不可欠なのですが、パチンコ依存に関しては
意思を強く持ち続ける事がかなり難しいのが実情です。

改善への意思を持ち続けるには、家族等の協力者に加え、
専門的知識と実際に改善へ導いてきた経験を持つ専門家の存在が必要になります。

家族やまわりの方に「パチンコ依存じゃないかな?」と言われても、
きっと自分ではなかなか依存だと認められない事でしょう。

依存症という言葉に対し、抵抗もある事だと思いますが、
「これではいけない、なんとかしないとまずい。」と感じた時が、行動改善の絶好のチャンスです。

一緒に乗り越えようとしてくれてる方がいる、又はこれ以上悲しませたくないと思う方がいるのであれば、
一度、カウンセリングでご相談される事を検討されてみてはいかがでしょうか?

ギャンブル依存の相談について