こんにちは!
カウンセリングオフィスAXIAの蔵野です。

(前回のブログ、≪嘘をついてパチンコに行く~①≫の続きです。)

≪嘘をついてパチンコに行く①≫で、
隠してパチンコに行く事には、後ろめたい気持ちが隠れていると述べましたが、
最初は些細な後ろめたさから始まったものが、借金が出来たりしていく内に
次第に膨れ上がり、自分を追い込むものへと変化していきます。

“言わない” から、“言えない” へ。

言えないからこそ、バレないように自分でどうにかしてしまえないかと思うのですね。
借金を返すお金を、パチンコで手元のお金を増やして返してしまおうと考えて、
やっきになってパチンコに通っている…

しかし実際、思うように勝てるはずもなく、手元のお金を増やすつもりが
はじめよりも手元のお金が減っている事に気付いた時、愕然とすると思います。

周りには言えず、大変苦しい心境であるはずです。

本当は全て言ってしまって楽になりたいな、と
そういう本心がチラついていませんか?

打ち明けたからといって、借金や具体的な問題が消えるわけではありませんが、
心にずっと抱えている荷物を一度降ろしてみる事ができる環境があればどれほど安心できるでしょうか。

身近な人間に言えない程の事態になってから、ようやく「これではいけない」と考えられるのだと思います。
今からでは遅いと感じるかもしれませんが、そんなことはありません。

しっかりと自分自身に向き合い、パチンコ依存から抜け出す為に
意志を強く持ちながら努力されている方は、着実に改善へと向かっています。

大事な事は、

・見たくないものから目を背けない事。
・自分はパチンコ依存に当てはまるのかどうかを知り、しっかりと受け止める事。
・何故パチンコ依存を改善したいと思ったのかという動機を把握する事。
・パチンコ依存を改善して、どうなりたいか具体的な目標を持つ事。

です。

気が付けばパチンコにお金が消えていたり、嘘をついてまでパチンコに行くお金を借りたり…。
精神的にいつも何かに追い詰められているような苦しさ。
こういった内容に身に覚えのある方は、専門家と一緒に乗り越えてみませんか?

ずっとお金の事を考えてドンヨリと沈んだ気持ちを抱えた日々を過ごすより、
心穏やかな日常を過ごせるようになる為に、パチンコ依存と正しく向き合い改善していきましょう。

ギャンブル依存の相談について