恋愛依存症

こんにちは。AXIAの蔵野です。

 

恋愛依存症

恋愛における依存は、幸せな恋愛だとは自分でも思えないのに関係を切ることが出来なかったり、恋人がいない状態を想像しただけで不安で仕方なかったりします。
恋人のために自分は存在している…などの気持ちや考え方により、相手との適切な距離を保てなくなります。それにより口論や喧嘩にもなりやすく、最後は相手も自分も傷つけることになります。

また、恋愛依存症の中には、相手の人格に大きな歪みを抱えている場合も存在します。その場合、暴力(DV)や、金銭のトラブルにも発展しかねません。

これらの状態では、本来 恋愛関係は続きませんが、恋愛依存症に陥ってしまう人の傾向として、自己価値・自尊心が低く、困っている人を支えることで、無意識に自分の心の穴を埋めようとしてしまう面があります。
ですから、自分の存在価値を見つけるためにも、相手との関係を切ることが出来ないでいるのです。

 

恋愛も夫婦もそうですが、そこには依存関係が少なからず存在します。
ただ、それが、負の依存関係であっては、心も体も健康とはいえません。
もし、自分は恋愛依存症かも・・・と思われる方は、カウンセリングにお越しください。
相手との適切な距離感を保ち、今の恋愛よりも落ち着いた関係性が築ける様にお手伝い致します。

 

恋愛依存症のご相談はこちら