こんにちは。AXIAの蔵野です。

年末を控え、大掃除や年越し、お正月に向けて、必要になりそうなものは今のうちに
たくさん買っておきたいですね。年末セールをしているところも多く、年末前の この土日が、
いちばん外出される方が多いのではないでしょうか。

にぎやかな音楽や、お店の内装、値下げをアピールする札など、とても魅力的な空間が
広がっているとつい気分も高まり、「買いたいな」という気持ちが湧きやすくなります。

 

ですが、店頭で商品を見ていた時には「あれもいい、これもいい」と欲しくなっていて
レジでお金を支払った時点ではとても満足していたのに、帰ってから改めて購入品を見ると、
先程までの満足感が、どこかへ消えているといったことはありませんか?

その場の感情に左右されて欲求に負けやすくなることは誰にでもありますが、買い物する度に
「なんでこれを買ったんだろう」という疑問が毎回浮かんだり、買っても買ってもどこか
満たされない感覚になることが頻繁だという方は、ご自身に、買い物依存症の可能性があるかも
しれないことを知って欲しいのです。

 

買い物依存症は、ストレスが大きな原因となっています。
ストレスの中身は人により様々ですが、日常生活の中でうまれるストレスに加え、親子関係や
夫婦関係によるケンカや不仲、孤独感などを抱えている方に買い物依存症は多いです。

買い物依存症の方たちは、無意識的に、買い物という行為でそれらの孤独感を埋めようとするので、
買い物を繰り返します。また、欲しい物を買うことに拘りがあるのではなく、買い物をする
という事自体に意味があるので、欲しくもなかったり 必要でないものを次々買うのも特徴です。

しかし残念ながら、孤独感は、買い物をする事で本当に埋めることは出来ません。
そのため、満たされない気持ちがうまれるのですが、これだけの買い物では埋まらない…となり、
「もっと」と、買い物の金額がどんどん増えていきます。

これが、買っても買っても満足感が無く、買い物をしても満たされないと感じる理由のひとつと
いえるでしょう。

 

改善の為には、夫婦間の不仲や孤独感などを別のもので埋めるのではなく、その環境や問題に
対して根本的な解決が必要となります。買い物依存症でお悩みの方は、ご相談下さい。

 

買い物依存症のご相談について