自分ではなく、周囲が変わってくれることを望む ~占い依存症~

 

こんにちは。AXIAの蔵野です。

 

占い依存症について書いた記事が、注目され続けているので
今回も占い依存症について書いていこうと思います。

 

 

占い依存症の人たちにとって、今おかれている状況は
受け入れがたいものなのかもしれません。
そんな人たちにとって占いとは、どこか、不可能を可能にする術を
授けてもらえるものだというような期待の対象のようです。

しかし実際のところは、占い結果はひとつの可能性として捉えるもの
という側面も消し去れません。

嬉しい結果、望みを持てるような安心できる占い結果を聴けたときには
ホッとするものですが、現状がその結果のようにうまく進んでいたなければ、
また不安を潰すために占ってもらいたくなるという連鎖がおきます。
当然キリがなくなってきますし、やめるタイミングも見失ってしまうのでは
ないでしょうか。

 

占い師さんによっては、わざと相談者を依存させるような手法を取って
リピーターを増やしている人もいます。また反対に、タロットなどの
占いというツールと並行して、現実への向き合い方・悩んでいき方・
気持ちの持ち方などをカウンセリングのようにされている占い師さんも
いらっしゃいます。

後者のような占い師の方は、占い結果によって行動させるだけでなく、
占いから自立させていくような関わり方を持たれています。
そういう占い師の方に運よく当たった場合は、占いに頼ったことで
いい方向へ考え方を変えていくことができたというようなケースも
あるようです。

占い全てを否定しているわけではありませんが、どういった占い師さんに
出会えるか、どういう占いの利用の仕方をするかで金銭的負担も
現実への対処能力も大きく変わってくると言えるでしょう。

 

結局のところは、受け入れたくない現状もそれは事実今起きていることに
変わりありません。ご自身の置かれている状況や現実に対してしっかりと
受け入れた上で、これからどういう決断と行動をしていくかを、
苦しいながらも一生懸命に考えていくことが必要になってきます。

 

 

何度も申し上げますが、占いを否定しているわけではありません。
私も占いは好きです。

しかし、「苦しくて助けてほしい」という気持ちで頼り始めた占いも、
その占い自体が 次に自分の悩みになっていては元も子もありません。
今の気持ちを楽にするためにお金を使うことは悪いことではありませんが、
本来の悩みごとだったもの以外に、金銭面での大変な負担を背負うことに
なった人が多くおられます。

そういったお話をたくさん聴いてきた私の思いとしては、そのような
占いの利用の仕方について少しでもはやく疑問をもって頂き、どうか
お金の問題が大きくなり過ぎない内に、占い依存症の改善の必要を
考えてみていただく機会をこのブログを通して増やしていきたい、
そう考えています。

占いに、救いや憩いを求めているために自力でどうにかすることは
たいへんむずかしいことであるとは思いますが、「占いにお金を使い過ぎているな
占いに依存しすぎてるのは分かっているのに…という方は、ぜひご相談ください。

 

占い依存、電話占い依存のご相談について

 

 

 

いつもお読みいただきありがとうございます。
皆様に閲覧いただけることが、励みになっています。

ランキングに参加しています。クリックで応援していただけるととても嬉しいです
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ