こんにちは。AXIAの蔵野です。

今回は、「美容院のシャンプー台が苦手②」のつづきで、まとめになります。
美容院のシャンプー台が苦手①」と合わせてお読み頂けると分かりやすくなっています。

 

「美容院のシャンプー台が苦手②」に書いたⅠの場合は、以前の記事でもお伝えしたように発作の経験からくる予期不安といわれるものです。

電車では、このⅠのようにもし発作が起きても車内から逃げられない等の不安感を覚える為、
電車に乗れなくなります。

電車では停車駅との間に一時的な閉鎖空間が出来上がる為このような不安がうまれますが、
身動きの自由を奪われるような事はありません。

美容院という室内に関してだけであれば、電車と同じ予期不安ですが、今回のシャンプー台に
焦点を当てて記事を書いたのには理由があります。

 

まず「シャンプー台が怖い」というワードで具体的に検索される方がとても多くいらっしゃる程に、
この事で悩まれている方が本当に多いという事。そしてシャンプー台については、車内・室内とは
少し異なる部分を持ち合わせているからです。

美容院のシャンプー台の場合、いつでも自由に立ち上がったりという風に、好きな時に好きな様に
動く事ができない時間が存在する為、空間が対象の時の不安とは少し異なる心理状態を生む事があります。

不安感に襲われる

その環境から離れたくなり逃げる為に動きたいが身の自由を奪われている

嫌な場所から逃げる術を奪われているという環境は、本来のストレス要因と類似した
精神的な環境を無意識下で感じとってしまう事がある

美容院という空間ではなく、シャンプー台が苦手であると感じる方が恐れている不安感や動悸が
起こりそうな状態になる心の動きとしては、上記のような事が考えられます。

 

②のⅠとⅡで書いたものが両方関係している方や、片方しか当てはまらない方もおられますが、
あくまでも可能性として考えられる原因となります。そしてどちらのタイプから恐怖心が
出ているのか等の判断は、カウンセリングで詳しくお話を伺う事によって考察ができます。

恐怖心や苦手意識に打ち勝ち、問題なく美容院へ行けるようになりたい方には、自分の恐怖感は
何から来ているものなのかを知る事が解決への糸口です。

みなさんそれぞれに生きてきた環境や経験した出来事は違う為、カウンセリングでは恐怖心が
生まれるようになったそれぞれの背景に目を向けていきます。

ずっと悩まされている問題を改善したい方にとって、この記事が改善へ向けて具体的に行動を
起こしてみようと考えるきっかけとなればと思います。

 

パニック障害の改善方法

パニック障害のご相談について